QRコード

健康サロンセルフアップHOME > Selfup 健康メルマガ(登録無料) > 創刊号 健康維持・増進、また病気を治すポイント

Selfup 健康メルマガ(登録無料)

一覧へ戻る  |  第2号 病気とは >

創刊号 健康維持・増進、また病気を治すポイント

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

□■ 生涯役立つ健康の知識 □■
~ 健康の自立を目指す方のために ~

By 堀内良樹 ごしんじょう療法師、チャクラコーディネータ、
NPO法人生活習慣病予防学術委員会認定指導員、電磁波測定

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><
サンプル号(創刊号)

はじめまして、発行人の 健康サロン セルフアップ 堀内良樹です。

長年の健康に関する集大成をいよいよまとめることにしました。
少しずつ文章表現も勉強していきますので、末永くよろしくお願いいたします。

以下、創刊号内容です。

<><><><><><><><><><><><><><><><><><>

今日本では、病院・お医者さんは増えても、病人は増え、低年齢化も進む一方です。

たとえば慢性疲労・肩こり、冷え性・低体温、偏頭痛アトピー・花粉症などのアレルギー、生理不順、高血圧、糖尿病等。

これらは健康に関して間違った一般常識が広まっている事と、病院では根本治療の手段が無い為、ただ処方された薬で症状が抑えられることに満足してしまっている方が多いからではないでしょうか?

さらに、世の中健康情報があふれる中、本を読みあさっても、根柢の原理を知らないと、その本の内容が本物かどうか判断つきませんし、かえって何を信じてよいのかわからなくなっているという方も多いのでは?

そんな人たちのために、健康維持・増進、また病気を治すポイントを、原因の話から、具体的ノウハウ、現状の社会の健康に関する問題点等を体系的に、時にはランダムに書いていきます。

是非、生涯健康の事で悩む必要のない、薬に依存する事のない、「健康の自立」を目指されることを願っています。

前置きはこの辺にしまして、

健康維持・増進、また病気を治すポイントは、大きくは以下のように分けられます。

1)必要な栄養を取る・食生活関係(必要最低限の量・本来の和食中心)

2)毒を入れない・減らす(薬、肉、食品添加物・農薬、日常品の中の石油化学製品、たばこ、放射能、その他)

3)免疫力・自然治癒力・エネルギーを高める。 → そして、既に入った毒を排毒

4)その他生活習慣(ストレスのコントロール、睡眠・身体の使い方、住環境等)

5)心・気の流れのコントロール/調整


これから、これらのテーマを、理念・基本の話、具体的テクニック、現状の問題点の情報その他を体系的に、時にはランダムに書いていきます。

また、上記は、全て関連し合っています。一部繰り返し書かれることもあります。ご了承ください。


私の師匠の一人であられる、藪塚陽一先生の理論体系である、
「ペンクコントロール(商標 4953175号)で医療費ゼロ!」
【P:poison 毒のコントロール】
【E:energy エネルギーのコントロール】
【N:nutrition 栄養素のコントロール】
【C:circulation 循環のコントロール】
も取り入れ、理論立てた説明に役立たせていただきます。お楽しみに!


さて、その前にまず、最初に話しておかなければならない事があります。

現在の日本の医療の現状です。

欧米ではすでに患者さんに対し西洋医療を用いる機会は、3分の1位で、

統合医療(代替療法と西洋医療をあわせた)を行っています。

西洋医療は、すべて対処療法なため根本治療にならないからです。

特にその代表である薬は、ほとんどが出てきた症状に対して押さえるものです。

痛み止め、咳止め、解熱、消炎などNSAIDという物質がその正体ですが、

免疫抑制剤と言われているものです。

体というものは、何か問題が起きるとそれを直そうとする為に

必要に応じて様々な症状を起こします。

対処療法(西洋医療)ではその原因ではなく、

出てきた症状に対し押さえ込もうとするもので、

それは免疫を抑制(低下)させることにより成せるものです。

免疫抑制により,症状を抑えて楽になっている間に、

患者が本来持っている(薬で下げてもそれを上回る)免疫力で

治っていくということを期待して行うものです。

本来なら多少つらくても、(症状を抑え込む事をせずに)少しでも免疫力を落とさず、

逆に高めるような療法を行っていくことが、治りも早く、慢性化しない理想的なやり方です。

薬により,免疫が低下すれば症状は出なくなっても実際は、悪化、そして、長期化します。

さらにその副作用により、より深い問題へと進んでいきます。(薬は石油からつくられるもので,程度の差はあれ副作用のないものはありません。言い方を変えると、世の中に身体によい薬はないという事です。)

お医者さんもその原理を十分知りながら、金儲け主義で患者に処方している

悪徳なケースは少ないかもしれません。

しかし、少なくとも医者本人も知らないうちに、

患者を病院から離れられない体質に追い込んでしまっているのは事実でしょう。

日本の医療現場は、特に欧米など医療先進国に対し(考え方など)、15~20年遅れていると言われています。

日本は医療機器が発展したために、かえってその設備投資のコストを、

大量の薬、検査、手術などで回収しなくてはならないと言う悲しい現実なのです。


現代社会のシステムにただゆだねたり、身を任せるのではなく、

是非、病気の原因と本来の健康の知識を得ていただき、

少しでも努力して健康になっていただきたいと願っています。


■編集後記
___________________________________
311以降「原発の基礎知識と放射能から如何に身を守るか」の講演依頼も
増えてきました。「健康セミナー」も含め、講演の要望にもできる限り応えていきたいと思います。
また、原発関係は、ツイッターで発信しています。Twitter ID:yoshi1129
ブログでは、主に「息子とダウン症」について書いています。
検索→「天使の子 あさひ」 
これから、よろしくお願いいたします。
___________________________________


メールマガジン「生涯役立つ健康の知識(健康の自立を目指す方のために)」

☆発行責任者: 堀内良樹
☆公式サイト(プロフィール): http://www.selfup.jp/post.html
☆問い合わせ: info@selfup.jp
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001298973.html

*メルマガの内容に関する著作権は、有限会社環境サービス に帰属し、
 無断転載は禁止です。

 ★記事の内容は正確性を期していますが、
 万一当メルマガで得た情報により如何なる不利益を被ったとしても、
 一切の責任や義務を負いません。読者の方自身の判断で行動してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。感謝!

><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

□■ 生涯役立つ健康の知識 □■
~ 健康の自立を目指す方のために ~

By 堀内良樹 ごしんじょう療法師、チャクラコーディネータ、
NPO法人生活習慣病予防学術委員会認定指導員、電磁波測定士><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><

発行人の 健康サロン セルフアップ 堀内良樹です。

せっかくご登録いただいておりますが、諸事情で発行が遅れております。

2012年1月より、正式にスタートいたします。

今しばらくお待ちいただくようお願い申し上げます。

本当に申し訳ございません。

いよいよ寒くなってきました。

皆様、お体にはお気を付けてください。 では、良い年をお迎えください。

_________________________________

メールマガジン「生涯役立つ健康の知識(健康の自立を目指す方のために)」

☆発行責任者: 堀内良樹
☆公式サイト(プロフィール): http://www.selfup.jp/post.html
☆問い合わせ: info@selfup.jp
☆登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001298973.html

*メルマガの内容に関する著作権は、有限会社環境サービス に帰属し、
 無断転載は禁止です。

一覧へ戻る  |  第2号 病気とは >

このページのトップへ