QRコード

健康サロンセルフアップHOME > 体験談 > 電磁波測定報告&体験 > 港区 自宅 電磁波測定サービス結果報告

体験談

< 電磁波の害とその改善の明確な事例  |  一覧へ戻る  |  中央区 オフィス 電磁波測定サービス結果報告 >

港区 自宅 電磁波測定サービス結果報告

港区高輪にお住いの方の例 

 

測定場所:1F:娯楽室、浴室、洗濯機 

     2F:キッチン、ダイニング、書斎、居間、

     3F:主寝室、寝室2、洗面所(ドライヤー)

 

<ヒヤリング>

家屋(経緯・現状): 10年間住んでいる。当初から床暖房を使用。

 

電気製品使用状況:(単位: 電場=v/m ボルトパーメーター

                          磁場=mg ミリガウス    )

 

  パソコン1 600 V/m (デスクや体は、300 V/m)

  電源を抜いても 150 V/

□ ホットカーペット(電気堀こたつ)900 V/

□ 冷蔵庫  800 V/

□ ドライアー  17

□ 床暖房(電気式)1F 2040㎎  2F 4~11

  F 主寝室30150㎎ 寝室2 150㎎、 9~300 V/

 

現在の体の症状:睡眠が浅い(毎日睡眠薬を飲む)

  

< 問題点の抽出 >

   安全基準(スェーデンVDT電磁波規制ガイドライン)  

   電場: 25 V/m  磁場: 2.5 mg

 

 1)パソコン 2台とも 600V/m 以上 かなり影響を受けていると考えられる。 

 

2)冷蔵庫、洗濯機 共、かなり高い数値。 

 

3)床暖房ON時どの部屋もガイドラインをオーバー(特に寝室)

 

→ 睡眠が浅い事と関連の可能性は否定できない

 

「磁場」は、切る以外に離れる事しか対策ができません。床から浮いて生活はできません。

 

4)堀こたつも高い値 900V/m 

 

5)寝室のベッドの頭の付近の電場が強い。

 

以上、体の不調の状態と家庭内の電磁波の数値との関係が相関関係が強いと予想できます。

以上の結果に対し、問題のある個所は、それぞれ対策をご提案いたしました。


カテゴリ:

タグ:

< 電磁波の害とその改善の明確な事例  |  一覧へ戻る  |  中央区 オフィス 電磁波測定サービス結果報告 >

同じカテゴリの記事

国立市 自宅 電磁波測定サービス結果報告

東京都 国立市 のご自宅 電磁波測定サービスの結果報告をいたします。   身体の症状と測定結果がとても一致した貴重な事例です。    測定場所: ワンルーム   <ヒヤリング> 家屋(経緯・現状): 新築に引っ越し 4年経つ   現在の体の症状: 喉の調子が悪く、咳が出る。 部分的にアトピー症状が出る。     電気製...

詳しくはコチラ


中央区 オフィス 電磁波測定サービス結果報告

中央区 築地 のオフィスの電磁波測定サービスの事例です。    測定場所: メインフロアー 6エリア 、 電算(サーバー)室   < 問題点の抽出 > 安全基準(スェーデンVDT電磁波規制ガイドライン)  電場: 25 V/m  磁場: 2.5 mg   1)       パソコン  ディ...

詳しくはコチラ


電磁波の害とその改善の明確な事例

これは、院長の堀内自らの電磁波の被害とその改善の体験です。これが、「電磁波測定と改善する仕事」を始めるきっかけとなりました。 この事例は、一般的に対策が難しい「高周波」に対し、もしその発生源が家庭内にあるのであれば、改善できる可能性を示す貴重な体験です。(家庭内の電波発生源例: 電話の親機、無線LAN、WiFi、携帯電話のホームアンテナ、ブルートゥース、携帯電話本体、等)   ...

詳しくはコチラ


このページのトップへ