QRコード

健康サロンセルフアップHOME > 体験談 > 電磁波測定報告&体験 > 中央区 オフィス 電磁波測定サービス結果報告

体験談

< 港区 自宅 電磁波測定サービス結果報告  |  一覧へ戻る  |  国立市 自宅 電磁波測定サービス結果報告 >

中央区 オフィス 電磁波測定サービス結果報告

中央区 築地 のオフィスの電磁波測定サービスの事例です。

  

測定場所: メインフロアー 6エリア 、 電算(サーバー)室

 

< 問題点の抽出 >

安全基準(スェーデンVDT電磁波規制ガイドライン) 

電場: 25 V/m  磁場: 2.5 mg

 

1)       パソコン 

ディスクトップパソコン 5台 440~500 V/m

ノートパソコン 2台 660~740 V/m

※ 電算室のサーバーは、8V/m で問題なし。→アース対策が施されていると考えられます。

 

 

2)       床 150~340 V/m といずれも高い値。

 

 

パソコン本体、その周辺、床いずれも非常に高い数値が測定されました。

その半数以上の方が、1日中パソコンの前に座っている状況を考えると、とても危険な状態であると考えられます。

同じ電磁波の環境でも人により個人差がありますが、その体の変化の期間にこそ差はありますが、いずれ体調を崩していくことは高い可能性としてあります。

電磁波の強い環境では、 目の疲れ、肩こり、慢性疲労から始まり、冷え症、睡眠障害、偏頭痛、女性では生理不順生理痛、さらには乳がん、また、最終的には、うつになる方も増えています。

電磁波対策をして、これらを予防することが会社の社員を守り、結局は、会社の利潤にもつながっていく事となるでしょう。

 

上記結果に対して改善対策の提案をいたしました。


カテゴリ:

タグ:

< 港区 自宅 電磁波測定サービス結果報告  |  一覧へ戻る  |  国立市 自宅 電磁波測定サービス結果報告 >

同じカテゴリの記事

国立市 自宅 電磁波測定サービス結果報告

東京都 国立市 のご自宅 電磁波測定サービスの結果報告をいたします。   身体の症状と測定結果がとても一致した貴重な事例です。    測定場所: ワンルーム   <ヒヤリング> 家屋(経緯・現状): 新築に引っ越し 4年経つ   現在の体の症状: 喉の調子が悪く、咳が出る。 部分的にアトピー症状が出る。     電気製...

詳しくはコチラ


港区 自宅 電磁波測定サービス結果報告

港区高輪にお住いの方の例    測定場所:1F:娯楽室、浴室、洗濯機       2F:キッチン、ダイニング、書斎、居間、      3F:主寝室、寝室2、洗面所(ドライヤー)   <ヒヤリング> 家屋(経緯・現状): 10年間住んでいる。当初から床暖房を使用。   電気製品使用状況:(単位: 電場=v/m ボルトパーメーター   &nb...

詳しくはコチラ


電磁波の害とその改善の明確な事例

これは、院長の堀内自らの電磁波の被害とその改善の体験です。これが、「電磁波測定と改善する仕事」を始めるきっかけとなりました。 この事例は、一般的に対策が難しい「高周波」に対し、もしその発生源が家庭内にあるのであれば、改善できる可能性を示す貴重な体験です。(家庭内の電波発生源例: 電話の親機、無線LAN、WiFi、携帯電話のホームアンテナ、ブルートゥース、携帯電話本体、等)   ...

詳しくはコチラ


このページのトップへ