QRコード

健康サロンセルフアップHOME > Selfup 用語辞典 > あなたの不調の原因やお悩みを解決! 症状別お悩みを診断します。 > 好転反応

Selfup 用語辞典

< 電磁波測定  |  一覧へ戻る  |  逆子 >

好転反応

一般的には、以下の Wikioedia にあるような説明になります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E8%BB%A2%E5%8F%8D%E5%BF%9C

ただし、対症療法的な行いや摂取に対しては、それで説明がつくと思いますが、

何かをきっかけとして、免疫力が向上した場合は、もっと広くさまざまな反応・症状が出ると考えられます。

その場合は、すでに好転反応という言葉の定義では説明しきれないと思いますが、実際には、よく起きていることだと思いますので付け加えておきます。

身体は、ある一定以上の刺激が続くと、神経伝達のシナップスの受容体の数を減らしていきます。

辛さを軽減するための体の防御策なのでしょうか? 身体は徐々に、鈍く、感じなくなります。

それが、何か体に良い、効果のある行いなどで、免疫力が向上し、身体が修復・蘇生方向に向いたとき、神経の伝達部分の、受容体の数が戻ってきます。

すると、今までマヒして感じ方が少なくなっていたものが、より感じるようになり、辛くなる場合があるのです。普通は、よりつらくなるので症状が悪化したと勘違いするでしょう。

注意が必要なのは、より痛みや、かゆみが増したり、肌の状態が見た目悪化したりした場合、そこで安易に薬で症状を抑えようとする行為(強制適応)は、時に危険な場合もあります。

せっかく上がってきた免疫力を抑えつけてしまい、身体が(蘇生か症状に対する適応か)どちらへ向かってよいのか混乱することになってしまう場合があるからです。

この時の判断はとても重要なので、信頼できる方に相談するとよいでしょう。

対処の方法をアドバイスを受けることをお勧めします。


< 電磁波測定  |  一覧へ戻る  |  逆子 >

カテゴリ:

このページのトップへ